和歌山のお漬物 株式会社河島本家 ぺったら漬・紀の川漬・紀味漬

サイトマップ特定商取引法に基づく標記個人情報保護方針

フリーダイヤル0120-246-646
受付時間:月~金 午前9時~午後17時 *祝日除く
〒640-8404 和歌山県和歌山市湊1757
TEL(073)451-3360 FAX(073)455-7890


HOME > 美味しさのひみつ > 恵まれた環境

恵まれた環境

自然の恵み豊かな「木の国」和歌山県

日本のほぼ真ん中に位置し紀伊半島の南西部分を占める和歌山県は、西は紀伊水道に面し、沿岸部を暖流の黒潮が流れるため、昔から漁業の盛んな地域でした。太刀魚、真あじ、かれいをはじめ、黒潮にのって鰹やトビウオも水揚げされます。

県全域では果樹栽培を中心とする農業が盛んで、特に県中部でのみかん栽培や御坊市を中心とする花卉栽培、田辺市を中心とする梅などの特産品があり、他に小規模であるものの水産業、林業が盛んで、各地でのブランド育成が進んでいます。

和歌山県の大部分を山地が占めているため、かつては「木の国」とよばれておりました。紀ノ川中流では稲作のほかに、山の斜面をきり開いて果樹栽培に力を入れています。
桃山町では白桃の栽培、かつらぎ町では柿の栽培が盛んです。
又、梅の栽培では 和歌山県が日本一です。明治時代には梅干の製造が始められ、現在では日本一を誇る出荷額となります。


河島本家本社前の紀ノ川

紀ノ川右岸の水田(小豆島地区) 中央部は農業用水。紀ノ川から北方向の眺望

大台ケ原を水源とする紀ノ川は熊野古道の神々の森から湧き出ずる浄水を滔々と南海へと湛えています。
そんな紀ノ川の河口に和歌山市があります。河島本家の旧所在地名が和歌山市湊中州とありますように紀ノ川河口の三角州デルタ地帯にありました。
そんな清らかな水と温暖な土地にはいにしえの頃よりいろいろな野菜・果実が作られていました。

当時の物流はもっぱら海が主流で堺・大阪・西宮・神戸へ船で運ばれていました。
又、紀伊国屋文左衛門が下津港より江戸へ みかんを運んだ話も有名なところです。
当社のロゴもその廻船より描かれています。

天のめぐみと神々の浄水の恵まれた環境の中、最新の衛生設備工場。
原材料圃場よりトレースの取れた国内産原 料一本の安心に見守られながら日々丁寧を モットーに作られています。


大根以外では柿も紀ノ川流域で収穫され、和歌山県での収穫量の90%にも至ります。ちなみに柿の収穫量は和歌山県が日本一で、お正月に欠かせない串柿も日本一の生産量です。

『城下町の風景-カラーで読む『紀伊国名所図絵』-』からの抜粋

紀伊国の当時の名勝地を記した地誌書で、各地の名所図会のなかでも代表的なものとして知られている『紀伊国名所図会』(文化8年)を見ると、当時の紀ノ川河口にはいくつもの中州があり、船が停泊しており、紀伊水道の海上交通が活発であった様子が伺えます。

弊社も戦前は自社前が浜であった為、収穫した大根やきゅうりを船で大阪や神戸の市場へ運んでいたとのことです。
弊社のロゴマークの由来は、この歴史を継
承しています。


紀の川漬の原材料となる和歌山大根は大根のルーツといわれている白上がり京大根です

紀の川漬の原材料となる和歌山大根は大根のルーツと言われている白上がり京大根です。京都で栽培されたものが奈良・大阪・和歌山へ分布していった品種です。和歌山大根の特徴は身純白・真直・皮薄く・肉質緻密柔軟・風味絶佳できめ細かい純白の肌、緻密な肉質、程よい大きさ本末のない均整な恰好、頭と尻の肉質差の少ない点等がなにわの町で人気を呼び江戸時代より末永く愛されて来ました。
又、原種に近い品種故に病気に弱く、スの入りやすい作りにくい大根でもありました。
そこで私ども先代と山本種苗園先代とが時間をかけ苦労の末、完成した大根が現在の和歌山大根の葵品種であります。紀の川漬はもちろん、べったら漬にも合い、生食してもとても美味しい大根です。



ページの先頭へ戻る